スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



↑レシピランキングに参加しています。クリックお願いしま~す!!
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
『スウィートチリチキン』
2006 / 05 / 12 ( Fri )
スウィートチリチキン

天からのお告げにより作りました。(=^_^=)

R*さんのBlogに伺ったら、ものスゴク美味しそうなローストチキン(スウィートチリチキン)が紹介されておりまして、それを見たとたんに天からのお告げが…。
「簡単に作れてその上とっても美味しいので、やすぴかよ絶対に作るのです!」と。

作らせて頂きました
R*さんもヤミーさんのレシピ「スウィートチリチキン」を参考にされたそうなので、
やすぴかも同じく参考にさせて頂きました(やすぴかのは真似ッコですけど)。

R*さん、そしてヤミーさん、ありがとうございました。 感謝です(∩_∩)♪。


[ 材料です! ]
鶏手羽元 …5本(250g~300g程度)
塩・胡椒 …適量
スウィートチリソース …大さじ2杯
白ワイン …大さじ2杯
蜂蜜 …大さじ1杯


[ Cooking! ]
蜂蜜を白ワインで溶いて鶏肉を漬け、よく揉み込む。
全体に馴染んだら塩・胡椒を振って、よく揉み込む。
スウィートチリソースを絡めて、よく揉み込む。
ここまでの作業は、ビニール袋に入れて行うと上手くいきます。
ビニール袋の上からグニュグニュ・揉み揉みして、そのまま10分以上漬け込んでおきます。

程よくお肉が漬かったら、予め温めておいたオーブントースターで15分から20分程度焼きます。
焼け具合は、必要に応じてアルミホイルを被せて調節してください。
表面がパリッと焼けて、中まで火が通ったら出来上がりです。
簡単簡単!


スウィートチリソースの、ちょっと酸味のある甘辛い味が何となくエスニックな気分。
絡めて焼くだけのお手軽メニューなのに、味は本格的なんですよ!
R*さんのように骨付きのもも肉を使えば、たちまち高級料理の佇まいです。

それにしてもスウィートチリソースって使える調味料ですね。
そのまま付けて食べても美味しいし。
因みに、やすぴかは100円均一ショップでGETしました。

あ~、ホントに天の声の言うとおりだった。
R*さんとヤミーさんに感謝ですね。





↑レシピランキングに参加しています。クリックお願いしま~す!!
スポンサーサイト

テーマ:レシピ大集合! - ジャンル:グルメ

21:31:23 | レシピ | トラックバック(1) | コメント(9) | page top↑
蜂蜜でしっとり… 『牛肉の時雨煮』
2006 / 05 / 11 ( Thu )
牛肉の時雨煮

生姜と一緒に煮たものを時雨煮(生姜煮)と呼ぶらしいです。
アサリやハマグリ等の貝類を佃煮風に煮付けるのが一般的みたい。
生姜と一緒に煮込むことで、安いお肉でも臭みが消えて食べやすくなりますね。
冷めても美味しいし、日持ちもいいので作っておくとお弁当等にも活躍しますよ~。
蜂蜜をちょっと使うことで、冷めてもしっとり柔らかです。


[ 材料です! ]
牛肉(切り落とし) …300g程度 もも肉など こま切れでも
生姜 …2片(皮を剥いて薄切りにした後千切り)

お酒 …100cc
お醤油 …大さじ4杯
蜂蜜 …大さじ1杯
お砂糖 …大さじ1杯
みりん …大さじ1杯


[ Cooking! ]
牛肉は食べやすい大きさに切っておきます。
生姜は皮を剥いて、薄切りにして千切りにカットしておきます。

お鍋にお酒と蜂蜜を入れて、沸騰したら牛肉と生姜を軽く煮ます。
お肉の色が変わったら、いったん取り出します。

お鍋に、お醤油・お砂糖・みりんを加えて煮汁を煮詰めます。
半量ぐらいに煮詰まったらお肉・生姜を戻し入れて、絡めながら短時間煮込みます。

煮汁がほとんどなくなったら火を止め出来上がりです。


お肉を入れてからずっと煮込み続けて煮詰めていくと、どうしてもお肉が硬くなっちゃうので途中でお肉を取り出します。
あとは煮汁だけを煮詰めてから、絡めて仕上げるってわけです。
牛肉と生姜の千切りだけなので、火が通り易いって事で使える手法です。
蜂蜜の保湿効果と相まってか、しっとり柔らかです。
牛肉がお買い得の時に、お弁当用に作ります。
冷蔵庫に入れておけば、大体4~5日は大丈夫みたいですよ~。
ご飯にピッタリ!
お酒のおつまみにもピッタリ!(たぶん… 飲めないので…;(^.^);)



↑レシピランキングに参加しています。クリックお願いしま~す!!
21:34:58 | レシピ | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
『セロリとさきイカのピーナッツソース和え』
2006 / 05 / 10 ( Wed )
セロリとさきイカのピーナッツソース和え

ずっと食べずに残っていた「さきイカ」を発見。
お酒イケるくちではないので、珍味が出てきてもなぁ…。
そこで「フッ」と思い出したのがこれ。
確か何かのお料理番組で、こんな感じのお料理が紹介されていたのを思い出したのです。
ユニークで、そして美味しい小鉢料理。
記憶が曖昧だったので調味料の分量とか適当に作ったのですが、結果オーライだったので一安心


[ 材料です! ]
セロリ …1本
さきイカ …30gくらい

お酒 …1/4カップくらい(適量)
ピーナッツバター …大さじ2杯(無糖タイプ)
マヨネーズ …大さじ2杯

七味 or 一味唐辛子 …お好みで


[ Cooking! ]
さきイカを食べやすいサイズにカットして軽く解してボールに入れ、お酒をかけてしばらくふやかし、柔らかくしておきます。
この時お酒の量は、さきイカのボリュームに応じて調節してください。
ヒタヒタに漬かる感じで。

セロリは、繊維に直交した斜めの薄切りにします。 横方向に斜め薄切り。
この切り方だとセロリ特有の筋も気になりません。 何より簡単ですね。
見た目にこだわる方は、筋を取って縦に千切りしてもです。
葉っぱの部分は細かくちぎって取っておきます。

さきイカにお酒が馴染んで柔らかくなったら、そのボールにピーナッツバターとマヨネーズを加えてよく混ぜます。
お酒の水分で滑らかになります。

ソースがよく混ざったら、カットしたセロリを加えて和えます。
盛り付けたら、ちぎって細かくしておいた葉っぱの部分をトッピングして飾り付け、出来上がりで~す!


ピーナッツバターは、アメリカンタイプのチャンク(粒々ゴロゴロ)を使いました。
写真に納豆のごとく写っているのは、ピーナッツの粒々です
別に粒無しでもかまいませんが、基本は無糖だと思います。
お酒に浸すせいか、ほのかな甘みも感じます。

正直、面倒なのでマヨとバターピーを同量にしたのですが、結果はバッチリ。
完成されたお味で、作った本人もビックリ。
意外とご飯にも合うかも。
お酒あんまりイケるくちではありませんが、絶対におつまみにも最高だと思います。




↑レシピランキングに参加しています。クリックお願いしま~す!!
21:38:50 | レシピ | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
『甘辛粉吹きいも』
2006 / 05 / 09 ( Tue )
甘辛粉吹きイモ

新じゃがが美味しいではありませんか。
瑞々しくて、ホクホクして。
新鮮で素材自体が美味しいときは、シンプルなお料理で頂きましょう。
「粉吹きいも」… 小学校5年生の時に家庭科の調理実習で習いました
普通は茹でて塩・胡椒なのですが、余りにも普通でネタにならないのでお醤油とお砂糖で甘辛くしてみました。
ただ、それだけなんですけどね


[ 材料です! ]
じゃがいも …2個~3個

お醤油 …大さじ1杯
お砂糖 …大さじ1と1/2杯

バター(お好みで) …大さじ1杯
青海苔(お好みで) …適量


[ Cooking! ]
じゃがいもは皮を剥いて、適当な大きさ(4~6つ位)に切ります。
被る位の水を入れたお鍋で茹でます。
竹串が「スッ」と入るくらいまで火が通ったら一旦火を止め、お湯を捨てます。
お醤油とお砂糖を入れて再び火にかけて、粉吹きになるまで水気を飛ばす様にお鍋を揺すります。
全体に味が馴染んで、適当な粉吹き具合になったら出来上がりです。
バターはお好みで、最後に加えてもうひと揺すり。 良く合いますよ。
やすぴかは、たいていバター入れちゃいます。


お醤油を使うと「粉吹きいも」も思いっきり「和食」なお味になります。
冷めても美味しいのでお弁当のおかずにもいいですよ~。





↑レシピランキングに参加しています。クリックお願いしま~す!!

テーマ:簡単レシピ - ジャンル:グルメ

22:42:34 | レシピ | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
『帆立のサラダ~ミルキーいちごドレッシング』
2006 / 05 / 08 ( Mon )
帆立のサラダイチゴドレッシング

GWも終わりましたね。
やすぴかはなかなか忙しモードが解除にならず、4日からの連休でした
久し振りに実家に帰って、両親とお隣の福島県へ日帰り小旅行を楽しんだりして束の間の息抜きをしてきました。
充分とは言えませんが、なんとか充電完了。 リフレッシュ!。
また、Blog頑張りますよ~。

GW明けの第一弾は、フルーツ仕立てのドレッシングをあしらった帆立のサラダです。
よく行く小千谷市の果物屋さんのメールマガジンで、「フルーツをドレッシングに組み合わせると良いよ!」って紹介されていたので早速やってみました。

フルーツはいちごを使い、見た目も可愛いピンク色のドレッシングに。
帆立のお刺身と大根のサラダに、ミルキーないちごのドレッシングの組み合わせ。
いちごの甘~い香りと甘酸っぱさが美味しいですよ~。


[ 材料です! ]

生食用の帆立 …4~5個
大根 …100~150g
大葉 …4~5枚
貝割れ …適量(1/2パック程度)

☆サラダオイル …大さじ2杯
☆お酢 …大さじ1杯
☆マヨネーズ …大さじ1杯
☆カルピス …小さじ1杯
☆いちご …80g(大粒ないちごで5~6粒くらい)
☆塩・胡椒 …適量


[ Cooking! ]

大根と大葉は千切りにして、冷水にさらし「シャキッ」とさせます。
いちごはヘタを取って裏漉しします。
帆立は横に3枚~4枚に薄くスライスし、皿に並べます。
今回は、ぐるっと円形に盛り付けました。
大根と大葉をざるに取り混ぜて、よ~く水気を切ります。
帆立の円の中央に、大根と大葉を盛り付けます。
外周に貝割れを飾りました。

☆印の材料を合わせて、よく混ぜます。
帆立と大根という取り合わせは、瑞々しくて淡白な味わいなので、ドレッシングの調合としてはお酢と塩・胡椒を若干効かせ気味の方が良いかもしれません。
お好みで調節してください。

混ぜ合わせたいちごドレッシングを、盛り合わせた帆立とお野菜にかけて出来上がり!。



ほんのりピンク色が素敵!
甘~い匂いがいちご好きにはたまりません。

いちごの甘酸っぱさがシーフードにも良く合うなんて正直、意外でした。
カルピスも効いてます。
いちごの甘酸っぱさを引き立て、なおかつコクを加えます。
少量でなので試してみて下さい。

サッパリ系の素材を、よりサッパリと味わえます。
いくらでも食べれそうなサラダに仕上がりました。
ミルキーいちごドレッシングにはしばらくハマっちゃいそうです。
エビフライや白身魚のフライにも合うそうですよ~。







↑レシピランキングに参加しています。クリックお願いしま~す!!

テーマ:レシピ大集合! - ジャンル:グルメ

19:12:07 | レシピ | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
簡単デザート… 『タルト フラン?』
2006 / 05 / 01 ( Mon )
タルト フラン1

春先の忙しさに流されてしまい、随分と更新をサボってしまいました
皆さんに忘れ去られないように頑張ってアップしなくっちゃ。
久し振りに記事をエントリーします。
簡単に作れるデザートです。
正直言うと名前が正確かどうか、あんまり自信がありません(いつもそうなんですけど)
一言で表現すると、「焼いたカスタード」って感じでしょうか。
フレンチ系のレストランで、コースの最後によくこういうのが出てくるんですよね。
本来ならばタルト生地で台を作るものなのでしょうが、横着を決め込んで生地は省略。
グラタン皿みたいなので焼きました。
簡単簡単。思いついたら直ぐ作れます。


[ 材料です! ] 直径16㎝~18㎝位の耐熱容器(二人分位??)で作る、分量の目安です。

卵 … 2個
牛乳 … 500㏄
砂糖 … 80g (グラニュー糖)
コーンスターチ … 45g (ふるっておく)
バニラエッセンス … 適量
バター(食塩不使用) … 適量 (耐熱容器に薄く塗っておきます)


[ Cooking! ]

オーブンを180℃に余熱しておきます。
卵は、よ~く溶き解しておきます。
砂糖と卵を、泡だて器でよ~く混ぜ合わせます。
完全に溶けきらなくても
そこに予め振るっておいたコーンスターチを加えて、更によ~く混ぜ合わせます。

牛乳をお鍋に入れて温めます。
牛乳にバニラエッセンスを適量加えます。
お鍋のふちの辺りが「フツフツ」としてきたら火を止め(沸騰手前、80℃位かなぁ?)、温まった牛乳を、粉類を溶かした卵液に少しずつ加えてその都度よ~くかき混ぜます。

全量完全に混ぜ終わった牛乳入りの卵液をお鍋に移します。
泡だて器かヘラ等でかき混ぜながら、弱火で加熱します。
トロミが付いたら火からおろします。
緩めのカスタードクリームって感じでしょうか。
オーブンで焼くので、ユルユルで大丈夫です。
この段階でしっかりとしたトロミが付いてしまっていると、焼き上がりでは「モッタリ」とした食感になってしまいます。
焼き上がりはやっぱり、適度にトロトロの方が美味しいです。

軽くトロミが付いた生地を、予め内側にバターを薄く塗った耐熱容器に流し込みます。
あとは、180℃のオーブンで30~40分程度焼いて完成です!


タルト フラン2

火の通りもあんまり気にしなくって大丈夫です。
中がトロリとしているところが良いので、竹串で焼き加減を確かめるなんて必要有りません。
表面に焼き色が付けばいいんです。
加熱の条件によっては焼き色が付き過ぎる(焦げる)場合があるかもしれませんが、アルミホイルを被せて加減しても良いでしょう。
湯せんもしないので、プリンよりもずっと簡単。
でも、味はプリンに似ています。
二人分位と書きましたが、一人でも食べ切れそうです。危険だぁ。
生クリームを使えば更にコクがUPするのでしょうが、卵と牛乳だけで充分美味しいですよ。
焼きたてのトロトロは最高ですし、冷やしてもまた美味しいんですよ~。





↑レシピランキングに参加しています。クリックお願いしま~す!!

テーマ:おやつ - ジャンル:グルメ

21:24:21 | レシピ | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
春のパスタ… 『そら豆と海老の和風アーリオ・オーリオ』
2006 / 04 / 24 ( Mon )
そら豆と海老のパスタ

相変わらずお仕事が忙しモード
ここ数日、帰りの時間が不規則だったうえ、昨日は休日出勤でした。
お家に着いてからご飯炊いて~ …って気分にならず、そんな時は手っ取り早くて、
しかもワンディッシュでのパスタに走っちゃいます。

旬の物を美味しくパスタに取り入れたいなぁ、って思いました。
そら豆と海老、それにエリンギを使って春っぽく仕立ててみましたよ。


[ 材料です! ]  二人分の分量の目安です。

お好みのパスタ … 200g (細目が良いかも)

そら豆 … 80g~100g (鞘から出した粒々で計量)
剥き海老 … 100g
エリンギ … 60g~80g (縦にスライス)

にんにく … ひとかけ (潰してスライスして)
赤唐辛子 … お好きなだけ (お好みにカット)

オリーブオイル … 大さじ3杯
お醤油 … 大さじ1杯
白ワイン … 大さじ2杯
塩・胡椒 … 適量
ドライパセリ&バジル … 適量 (お好みで)

予めパスタの茹で汁を1/3カップ程度採っておきます。


[ Cooking! ]

パスタは基本の塩分量で茹でます。(10%程度)
標準茹で時間より1~2分短めに。
アルデンテよりも気持ち固めで
途中で茹で汁を1/3カップ程度採っておきます。

そら豆は鞘から出し薄皮に切れ目を入れて、塩を入れたお湯で2分程度茹で(少し固め)、冷めたら薄皮を剥いておきます。
剥き海老は塩(分量外)で揉んで少しおいてから水で洗い、白ワインを振りかけておきます。

フライパンにオリーブオイルを入れ、にんにくと赤唐辛子を投入してから火を点けて加熱します。
にんにくがこんがり色付いて、香りが立ってきたらそら豆・エリンギを炒めます。
油がまわったら、白ワインごと海老を加えてサッと炒め、アルコールを飛ばします。
お醤油を入れて軽く混ぜ合わせ香りが出たら、予め採っておいた茹で汁をフライパンに加えます。
(オイルを乳化させてパスタに吸収され易くする為らしい??)

このタイミングで、アルデンテよりも気持ち固めに茹で上げたパスタを投入します。
加熱しながら、茹で汁の水分と塩分をパスタに吸収させるように混ぜ合わせ、お好みの食感になったら火を止めます。

一本食べてみてお好みで仕上げの塩・胡椒の加減をしてください。
最後にお好みで、ドライハーブを適量トッピングして完成です!。


「和風」っていってもお醤油をチョッと使ってるだけなんですけどね~

そら豆って美味しいですよね。
塩茹ででシンプルに食べるのは言うまでもなくですが、こんな風にパスタに使ってもいい感じでした。
そら豆の鮮やかな緑と海老の赤で、彩りも春っぽいじゃぁ、ありません??。





↑レシピランキングに参加しています。クリックお願いしま~す!!

テーマ:レシピ大集合! - ジャンル:グルメ

21:27:05 | レシピ | トラックバック(0) | コメント(12) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。