スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



↑レシピランキングに参加しています。クリックお願いしま~す!!
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
『帆立とニンニクの芽の中華炒め』
2006 / 03 / 30 ( Thu )
帆立とニンニクの芽の中華炒め

ニンニクの芽を1束なんと19円でゲットしました。
安いですよね~
もう随分長いことニンニクの芽を食べていなかったので、久し振りにということで早速お料理してみました。
お肉と一緒に炒めるのがやすぴか定番なのですが、今回は帆立と舞茸を合わせました。


[ 材料です! ]
ニンニクの芽 …1束
ベビー帆立 …100g
舞茸 …60g
ごま油 …大さじ1杯
片栗粉 …大さじ1杯
お酒 …大さじ2杯
塩 …適量
胡椒 …適量
オイスターソース …小さじ2杯
中華スープの素 …小さじ1杯
お醤油大さじ1杯


[ Cooking! ]
ニンニクの芽は3~4cm程度の長さに切ります。
帆立は分量外の塩・お酒少々をふりかけて軽く揉み、サッと水で洗ってよく水気を切っておきます。
片栗粉を帆立全体にまぶします。
フライパンにごま油を熱して、帆立・ニンニクの芽・舞茸を炒めます。
軽く火が通ったら、お酒を入れて加熱。
その後、オイスターソース・お醤油・中華スープの素を入れ、全体に馴染ませつつサッと炒め、必要に応じて塩・胡椒で味を整えて出来上がり。


帆立とか海老とか大好きなんです。
ベビー帆立は解凍モノならいつでも安価で手に入るので、何かと使っちゃいます。
こういう味付けだとご飯にも合いますよね~。




↑レシピランキングに参加しています。クリックお願いしま~す!!
スポンサーサイト

テーマ:レシピ大集合! - ジャンル:グルメ

16:03:23 | レシピ | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
『白身魚のソテー オレンジバターソース』
2006 / 03 / 28 ( Tue )
白身魚のソテーオレンジバターソース

お魚を焼いてみました。
白身のお魚で、やすぴかは「アブラカレイ(?)」と称する切り身で作りました。安かったので
最近ハマっている「オレンジマーマレード」をソースに使ってみました。
もともとバターとは相性のいい素材なので、美味しかったですよ。
ほのかな苦味と軽い甘さが、白身のお魚の旨味を引き立てます。


[ 材料です! ] 二人分の分量の目安です!
白身のお魚(切り身) …2切れ
バター …大さじ2杯
白ワイン …大さじ2杯
塩・胡椒 …適量
オレンジマーマレード …大さじ1&1/2杯
レモン果汁 …小さじ1杯


[ Cooking! ]
お魚に軽く塩・胡椒を振ります。
塩モノのお魚の場合は不要です。軽く胡椒だけ振っておきますか。
フライパンにバターを入れ、溶けはじめたらお魚を並べてソテーします。
裏返して両面焼きます。
厚みのある切り身で、火の通りが心配なら蓋をして1~2分蒸し焼きにしてください。
火が通ったら白ワインを入れ、アルコールをとばします。
レモン果汁とオレンジマーマレードを加えて、全体に馴染ませたら出来上がりです。


ひらめ系・かれい系・たら系など、美味しく出来そうです。
サイズの良い帆立も良さそうですね。
あまり飲めませんが、白ワインにとっても合いそう。
簡単で、お魚しだいでコストもかかりませんよ~。



↑レシピランキングに参加しています。クリックお願いしま~す!!

テーマ:レシピ大集合! - ジャンル:グルメ

09:01:11 | レシピ | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
あっさりタイプの 『ポテトグラタン』
2006 / 03 / 27 ( Mon )
ポテトグラタン1

ジャガイモのグラタンで~す!
ベシャメルソースを使わないで作る、あっさり・ヘルシー系。
バターも耐熱容器に薄塗りする以外は使いません。
生クリームももちろん不要。
簡単でしかも美味しいんですよ。
ソースは殆ど牛乳だけなのですが、コクがあってクリーミーな仕上がりになります。


[ 材料です! ]  二人分の分量の目安です。
ジャガイモ(200g程度のもの) …2個 薄切り。スライサーでカットしても良いです。
牛乳 …2~3カップ ジャガイモと合わせてヒタヒタ程度。
バター …適量 耐熱容器の内側に塗っておきます。
塩 …少量
胡椒 …少量
ナツメグ …少量


[ Cooking! ]
オーブンを180℃に予熱しておきます。
ジャガイモはスライスしたら水にさらさないで下さい。
ジャガイモの持つデンプン質でソースにとろみをつける為です。
牛乳にジャガイモを入れて温めます。
しばらく加熱して、つろみがついてくるまで中火で、焦がさないように煮詰めていきます。
適当な濃度になったら塩・胡椒・ナツメグで味付けして、予め内側にバターを塗っておいた耐熱容器に流しいれます。
軽く平らにならしてオーブンへ。
180℃で20~30分程度焼いて出来上がり!!


ポテトグラタン2

小麦粉を使わなくても、ちょうど良いとろみ加減になりますよ。
シンプルですが美味しいです。
かえってジャガイモ本来のほのかな甘さが楽しめます。
コクはあるのに後味があっさりしているので、いくらでも食べれそうな感じ
ヘルシーなメニューでも食べ過ぎたら逆効果か
お皿以外はお鍋一つで出来るので、後片付けも楽チンですよ~。



↑レシピランキングに参加しています。クリックお願いしま~す!!

テーマ:レシピ大集合! - ジャンル:グルメ

08:51:34 | レシピ | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
『ほうれん草と人参の昆布サラダ』
2006 / 03 / 26 ( Sun )
ほうれん草とニンジンの昆布サラダ

仕事で訪問させていただいたお宅で、お茶と一緒に出していただいたものです。
とっても美味しかったので、早速再現させていただきました。
ほかにちゃんとした名前のある料理なのかもしれませんが、取り敢えずありのままのイメージで名付けてみました。


[ 材料です! ]
ほうれん草(茹でて水気を取っておく) …1パック(菜っ葉系なら他のものでもOK!)
人参 …中1/2本(細切り・千切り)
佃煮昆布 …100g(細切りタイプのもの)


[ Cooking! ]
上記の材料を混ぜるだけです
直ぐ食べても美味しいです。
でも、少し冷蔵庫で寝かせて、佃煮昆布の塩分で人参が軽くシンナリしてから食べるとグッと美味しいですよ。
何故か一日くらい経っても、さほど水っぽくはなってきません。
タッパーなどに作り置きしておくといいですよ~。
佃煮昆布と野菜は意外なほどバッチリ合います。
そして、佃煮昆布にも辛子昆布やシソ昆布、それにゴマ昆布などいろいろな種類のものがありますので、お好みでバリエーションも広がります。
やすぴかは辛子昆布が結構タイプでした。
爽やかな辛さでほうれん草・人参の甘さがいっそう引き立つように感じました。
切手混ぜるだけのお手軽メニューです。
そうそう、ご飯にもピッタリでした。



↑レシピランキングに参加しています。クリックお願いしま~す!!

テーマ:レシピ大集合! - ジャンル:グルメ

13:50:22 | レシピ | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
『海老とアボカドのパスタ マヨネーズソース』
2006 / 03 / 24 ( Fri )
海老とアボカドのパスタ

アボカドを加熱調理してなにか作れないかと思いまして。
海老マヨとアボカドを合わせた様なソースでパスタ作ってみましたよ。
独特のコッテリ感がいい感じでした。
アボカドは加熱しても良いですね。
風味は殆ど生食と変わりません。
しかもオイルで炒める事によって変色もしにくくなるようで、多少時間が経っても色鮮やかなグリーンはそのままでした。


[ ソースの材料です! ] 二人分の目安です。
海老 …150gくらい
アボカド …中1個(皮を剥いて種を取り2cm角程度に刻んでおく)
にんにく …1片(みじん切り或いはスライス)
薄力粉 …大さじ1杯
白ワイン …大さじ1杯
オリーブオイル …大さじ2杯
マヨネーズ …大さじ3杯(健康の為にローカロリータイプをオススメします。)
コンデンスミルク …小さじ2杯
塩・胡椒 …少々
ドライバジル …お好みで
パスタの茹で汁 …途中で1/2カップ程度採っておきましょう。


[ Cooking! ]
海老は背ワタを取り除き、白ワインで軽く揉んで薄力粉を塗しておく。
火を点ける前のフライパンにオリーブオイル・にんにくを入れて、それから点火する。
にんにくがこんがり色付いてきたら、海老・アボカドを加えサッと炒める。
塩・胡椒を適量振り全体に油がまわったら、マヨネーズ・コンデンスミルクを入れる。
採っておいたパスタの茹で汁を加減しながら加えて、マヨネーズ・コンデンスミルクを全体に絡めつつ濃度を調節する。
アボカドのおかげで直ぐにコッテリしてきて混ぜにくくなってきますので、適宜茹で汁或いは白ワインで調節してみてください。
あとは茹で上がったパスタを投入して和えます。
お好みでドライバジル、又はドライパセリを振りかけて出来上がりです。


たまたま完熟したアボカドだったので、適度に崩れてかなりクリーミーに仕上がりました。
パスタに良く絡んでアボカドを満喫できましたよ
海老マヨと共通の隠し味テクニックでコンデンスミルクを使ったのですが、なければカルピスに置き換えがオススメですよ~。
意外な調味料(?)かも知れませんが軽い酸味が加わって、こっちのほうが良いかも??。
試してませんが
念のため半量に減らしてお試しください。
やすぴかは煮物の隠し味に、時々ちょっぴり入れたりしています。



↑レシピランキングに参加しています。クリックお願いしま~す!!

テーマ:パスタ・ピッツア - ジャンル:グルメ

20:20:06 | レシピ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
『きつねキンピラ』
2006 / 03 / 23 ( Thu )
きつねキンピラ

お揚げを使ってキンピラ風に作りました。
きつねうどんやおいなりさんも甘~く煮たお揚げが好きなので、そんな味付けです。
ご飯に美味しい小鉢として、またおうどんにちょっとトッピングしても良いかも。


[ 材料です! ]
油揚げ …1枚
椎茸 …2枚ほど
ニンジン …1/2本
ごま油 …大さじ1杯
お醤油 …大さじ2杯
お酒 …大さじ1杯
お砂糖 …小さじ2杯
みりん …大さじ1杯
唐辛子・ごま …お好みで


[ Cooking! ]
フライパンにごま油を熱します。
ニンジン・椎茸・油揚げを炒めます。
お酒を入れて炒め、全体に油がまわったらお砂糖・お醤油・みりんを加えます。
ニンジンがしんなりして水分を少し飛ばして出来上がり。
ピリ辛がお好きなら仕上げに、一味又は七味をお好みで。
すりごまもお好みで。合いますよ。
和み系の一品でございます。



↑レシピランキングに参加しています。クリックお願いしま~す!!

テーマ:簡単レシピ - ジャンル:グルメ

17:49:59 | レシピ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
混ぜるだけ!『なめたけとツナの炊き込みご飯』
2006 / 03 / 22 ( Wed )
なめたけとツナの炊き込みご飯

超簡単 炊き込みご飯です。
瓶詰めのなめたけとツナ缶をお米に混ぜて、炊き上げるだけです。
味付けもほとんど必要有りません。
なめたけの鰹だしベースのツユ(?)と、ツナ缶のほのかな塩分で充分ご飯に味が付きますので。
なめたけだけでもイケそうですが、味出しとしてツナ缶を加えると旨味と油分が加わっていっそう美味しくなりますよ。
手抜き料理? 簡単で美味しければ一番良いでしょ


[ 材料です! ]
お米 …2合
お水 …2カップ弱
瓶詰めのなめたけ …1瓶(小さい、普通のサイズ)
ツナ缶 …1缶(80~90g程度のもの)


[ Cooking! ]
手順もなにもございません
研いだお米になめたけ&ツナ缶(オイルごと)を加えて軽く混ぜて、水加減をして炊くだけでございます。
やすぴかはお米2合に対して、なめたけ一瓶でちょうど良い塩加減のように思います。
とにかくこのテのお料理は簡単さが命なので、極力足したり引いたりしないほうが良いのでは??
チープ&イージーな割に、味はまともです
冷めても比較的美味しかったので、おにぎりにも良いかもしれません。



↑レシピランキングに参加しています。クリックお願いしま~す!!

テーマ:簡単レシピ - ジャンル:グルメ

16:32:31 | レシピ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
かき揚げ第二段 『ジャガイモとツナのかき揚げ』
2006 / 03 / 21 ( Tue )
ジャガイモとツナのかき揚げ

サクサクかき揚げの第二段です。
前回は玉ねぎ主体の基本形でした。
今回は、ジャガイモがベースですよ。
見た目はほとんどフライドポテトみたいですけど一応天ぷらです
サクサクなので食べた感じもなんとなくフライドポテトに共通するものがあります。
なので、上げたてを塩で食べるのが最高!
イモラーの方にはオススメです。やめられなくなりますよ。
基本的なお料理手順は『玉ねぎと小えびのかき揚げ』と同じです。


[ 衣の材料です。 ] ※割合の目安ですよ~ 具材の料に合わせて調節してください
①薄力粉 …1カップ
②ベーキングパウダー …小さじ1/2杯
③水 …1/4~1/3カップ程度
「コツのいらない~」系の、ベーキングパウダーが最初から混ざっている天ぷら専用粉を使用する場合は、②のベーキングパウダーは要りません。

[ 具材 ] 6個くらいできる目安。二人分かな。
ジャガイモ …2個
ツナ缶(80g程度の) …1缶 汁気をよく切っておきます。
小えび(干しえび) …10g 小えびの存在が重要です


[ Cooking! ]
ジャガイモは細切り(千切り)にします。
やすぴかは、千切りスライサーを使いました。
ボールにジャガイモ・ツナ・小えびを入れて軽く混ぜます。
薄力粉とベーキングパウダーは合わせておき、振るいながら具材にまぶしていきます。
粉の入れすぎに注意。
全体に粉をからませ白くなったら、水を加減しながら加えてサックリ混ぜます。
さっくりでOK。混ぜすぎに注意。多少白い粉が残っているくらいで充分。
170℃~180℃の温度で揚げます。
1/6量ずつの見当で。
いったん木ベラの上にのせて成型して、それから油の中へお箸で押して滑らせるとうまくいきます。
裏表それぞれ1分くらいでしょうか、こんがりカリッとしたら揚がりです。


ツナの旨味と桜えびの香ばしさがジャガイモに良く合います。
一番は塩ですが、やすぴかはケチャップも好きです。
こうなるとほとんどフライドポテトですけど…
正直、ご飯のおかずにはならないかも。
でもビールのおつまみやおやつには最高です。





↑レシピランキングに参加しています。クリックお願いしま~す!!

テーマ:簡単レシピ - ジャンル:グルメ

10:01:13 | レシピ | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
『帆立とセロリのオイスターソース炒め』
2006 / 03 / 20 ( Mon )
帆立とセロリのオイスターソース炒め

帆立とセロリとピーマンをオイスターソースを使って炒めてみました。
本当は「青椒肉絲」を作ろうと思ったのですが、在庫の都合でこんなんなりました
つまり、牛肉の代わりが帆立、筍の代わりがセロリです。
幸いピーマンはありました
あったかいご飯にのっけてどんぶり風にしてみました。


[ 材料です! ] だいたい二人分の目安です。
ベビー帆立 …100g
片栗粉 …大さじ2杯(帆立にまぶす)
セロリ …1/2本(筋を取って縦に千切り)
ピーマン …中3個(タネを取って縦に千切り)
にんにく …1片(みじん切り)
生姜 …小さじ1杯(すりおろし又はみじん切り)
ごま油又はサラダオイル …大さじ1杯
お醤油 …大さじ2杯
お酒 …帆立揉み込み用大さじ1杯&調味用大さじ2杯
オイスターソース …大さじ1杯
砂糖 …小さじ1杯
味噌 …小さじ2杯
水溶き片栗粉 …お好みで


[ Cooking! ]
帆立にお酒をふりかけて軽く揉み、片栗粉をまぶしておきます。
フライパンに油を熱し、にんにく・生姜を炒め、香りが出てきたら帆立を加え炒める。
セロリとピーマンを加えて、お酒をふりかけて更に炒める。
全体に火が通ってしんなりしたら、お醤油・オイスターソース・お砂糖・味噌を加えて味を整える。
仕上げに水溶き片栗粉でお好みの濃度に調節して出来上がり。


オイスターソースは、魚介系つながりが良いのか帆立と合いますね。
コクがあるタレでご飯がススみますよ。
セロリの香りと食感がアクセントになっています。
牛肉を帆立に変えるだけでもカロリーセーブされていると思います。





↑レシピランキングに参加しています。クリックお願いしま~す!!

テーマ:簡単レシピ - ジャンル:グルメ

19:03:50 | レシピ | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
『アボカドのなめたけ和え』
2006 / 03 / 18 ( Sat )
アボカドなめたけ和え

超簡単一品料理のコーナーで~す!!(^^)!
畑のバターと呼ばれているアボカド。
体にも良くてしかもコッテリ美味しいですよね。
アボカドが近所のスーパーで1個50円で売っていたのでした。
いつものようにわさび醤油で食べようかと思ったのですが、どこかのお店で出てきたこのメニューのことを、フト思い出したのです。
アボカドとなめたけって結構相性いいんですよ~。
もっとも、なめたけって「和風だしお醤油系」の味付けですもんね、相性良いはずですよね。

アボカドを適当なサイズにカットして、変色防止でレモンの絞り汁をふりかけます。
そこへ瓶詰めのなめたけを好きなだけ添える、それだけです。
食べる時に混ぜ混ぜしても良いですし、最初からザックリと混ぜて盛り付けても良いでしょう。
それもお好みで。
巷の噂によると、+(プラス)マヨネーズも美味しいとのこと。
マヨラーの方はお試しください。





↑レシピランキングに参加しています。クリックお願いしま~す!!

テーマ:簡単レシピ - ジャンル:グルメ

18:47:13 | レシピ | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
『玉ねぎと小えびのかき揚げ』
2006 / 03 / 17 ( Fri )
かき揚げ060316

その時家に在った物を具材に使ったかき揚げです。
たまたま玉ねぎと小えびとかいわれがあったので、かき揚げにしてみました。
でも、天ぷらって難しいですよね。
なかなか上手くカラリ・サクッとは揚げられません。
特に、「かき揚げ」は揚げにくい代物。
なんだかお饅頭の様になって「サクサク」とは程遠い食感になったり、そうならない様にと衣の濃度を目いっぱい薄くすれば、今度はまとまらずにバラケちゃったり…。
でもね、そんな「かき揚げ」の失敗が激減する作り方があるんですよ~。
しかも、その方法はいたって簡単なのです
通常は衣液に具材をくぐらせて揚げますが、具材に衣をまぶして揚げるんですよ~


[ 衣の材料です。 ] ※割合の目安ですよ~ 具材の料に合わせて調節してください
①薄力粉 …1カップ
②ベーキングパウダー …小さじ1/2杯
③水 …1/4~1/3カップ程度
「コツのいらない~」系の、ベーキングパウダーが最初から混ざっている天ぷら専用粉を使用する場合は、②のベーキングパウダーは要りません。


[ Cooking! ]
①かき揚げ用の具材をお好みにカットしておきます。
②切った具材をボール等の容器に入れ、薄力粉とベーキングパウダーを合わせて篩い(ふるい)ながら振りかけて、具材全体にまぶします。
衣が満遍なく絡むように。
③そこに水を加減しながら少しずつ加えて、サックリと混ぜます。
あくまでもサックリが基本です。
部分的に粉が白く残っているくらいで結構です。
④あとは170℃~180℃の温度で揚げます。


これだけでサックリと揚がります。失敗しにくいです。
衣が付き過ぎないのだと思います。
面倒でなければ、全量に衣を付けてから揚げるよりも、一回に投入する分ずつ(1~2個分)まぶしたほうがより良いかも知れません。

揚げたてのサクサクかき揚げをのせて天ぷらそばに、炊きたてご飯でかき揚げ天丼や天茶などはいかがでしょうか
もちろん天つゆやお塩で普通に食べても美味しいのは言うまでもありません。
小柱・芝海老・牛蒡・三つ葉…。 具材はお好みで…。




↑レシピランキングに参加しています。クリックお願いしま~す!!

テーマ:レシピ大集合! - ジャンル:グルメ

09:55:54 | レシピ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
『バナナのバターソテー』
2006 / 03 / 16 ( Thu )
20060316173215
バナナをバターでソテーしました。
ただそれだけです。(^_^;。
ソテーすることで、香りと甘さとほのかな酸味が引き出されます。
デザートに、そしてトーストと一緒に。
バニラアイスクリームにトッピングしても抜群に美味しいですよ。

[ 材料です。 ]
バナナ …1~2本
バター …10~15g
グラニュー糖 …小さじ1~2杯
シナモン …お好みで

[ Cooking! ]
バナナは横に2~3分割して、それを更に縦2分割します。
フライパンを熱してバターを溶かし、カットしたバナナを弱めの中火で焼きます。
ひっくり返したり動かしたりしながらソテーして、バターをバナナ全体に馴染ませます。
バターがなじんで、バナナの表面がしっとりして少し透明感がでてきたら、グラニュー糖を振り掛けます。
やすぴかはグラニュー糖の「ザラッ」とした舌触りが少し残るくらいが好きなので、さっと絡めて終わりです。
最後にお好みでシナモンを振り掛けて出来上がり!

熱々も「トロトロ」の食感、甘~い香りが楽しめて美味しいのですが、冷めても結構イケます。
やすぴかは、よくお弁当のデザートとして作ります。
バターでコーティングされるので、時間が経っても変色しないんです。
お弁当箱の隙間埋めにピッタリですよ。
簡単ですしね。



↑レシピランキングに参加しています。クリックお願いしま~す!!
17:36:12 | MOBLOG | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
和風? 『なめことブロッコリーの甘辛炒め』
2006 / 03 / 15 ( Wed )
なめことブロッコリーの甘辛炒め

最近マイブームの「なめこ」さんメニュー。
たまたま安かったブロッコリーと一緒に炒めただけなんですけどね
お弁当用にも、あと一品欲しくてとっさに作った「行き当たりばったり」料理。
ホントにもう、適当でスミマセン
「なめこ」さんが味噌汁の具以外でも、持ち味を発揮できるって事を知って以来ハマっています。
特に炒め物は新しい発見でした(遅れてるだけかなァ)。
加熱してもネバネバの勢いが全く衰えないので、片栗粉を使わなくても餡かけチックになっちゃうんです
相性がいいらしいので、バター&お醤油味にしました。
なめこ餡のおかげで、ブロッコリーにも味が上手く絡んで美味しかったです。


[ 材料です! ]
ブロッコリー …1株(小房に分け、茎は薄くスライス)
なめこ …100g
にんじん …1/4本(適当にスライス)
バター 大さじ1~2杯くらい
お醤油 …大さじ2杯
酒 …大さじ1杯
砂糖 …小さじ2杯
みりん …大さじ1杯
塩・胡椒 …少量
水 …100cc


[ Cooking! ]
①フライパンにバターを入れ加熱、ブロッコリーとにんじんを炒める。
蒸し焼きにして火を通すので、炒めは軽くで
②全体にバターが馴染んだ程度でフライパンに水とお酒を入れ、蓋をして約2分蒸し焼きに。
③なめこを加える。
④お醤油・砂糖・みりんを加えて更に炒める。
⑤お好みで塩・胡椒少々で味を整え、少し煮詰めて出来上がり。


ナニ料理かは定かではありませんが、和風のお味でした
今日のお弁当にも入れてみたところ、冷めても美味しいじゃありませんか。
安くて簡単、そしてヘルシーな一品です。




↑レシピランキングに参加しています。クリックお願いしま~す!!

テーマ:簡単レシピ - ジャンル:グルメ

19:10:09 | レシピ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
『春巻き』
2006 / 03 / 14 ( Tue )

20060314123906
新潟県中越地方は、今日も雪。
ですが、春なので『春巻き』です。
スーパーで買い物してたら春巻きの皮が目にとまったんです。
YUKIさんのblogで手作りされてるのを見て以来、ずっと作りたかったメニユーなんです。
今回はパッケージに書いてあったレシピを基本にして、アレンジしちゃいました。


[ 材料です! ]
春巻きの皮 …10枚
豚挽き肉 …100g
長ネギ …一本
筍 …100g
椎茸 …二枚
中華スープの素 …小さじ2杯
酒 …大さじ2杯
醤油 …大さじ1.5杯
オイスターソース 小さじ2杯
砂糖 …小さじ1杯
ごま油 大さじ1杯
水溶き片栗粉 …適量


[ COOKING! ]
餡を作ります。
フライパンにごま油を熱して挽き肉を炒めます。全体的に色が変わったら、みじん切りにしたネギ・筍・椎茸と、お酒を加えて炒めます。
中華スープの素・お醤油・砂糖・オイスターソースを入れて味を整えます。
仕上げに水溶き片栗粉を加えて、固さを調節します。
あとは、餡が冷めるのを待って、春巻きの皮で包みます。
巻き方はYUKIさんの『春巻き』が大変参考になりますよ。
包んだら180℃の油で揚げましょう。
中身は調理済みなので、こんがり色づく程度でOK。


包みたて、揚げたてはやっぱり美味しいです。
意外と簡単にできました。
海老や春雨、ニラなんかも合いそうです。

実は写真には撮らなかったのですが、デザート春巻きも一本巻いてみました。
粒あんを春巻きの皮で巻いて、同様に揚げたのです。
これ、ヒットでした。
スイーツ系も工夫しだいですね。
いろいろ楽しめそうです。



↑レシピランキングに参加しています。クリックお願いしま~す!!

テーマ:簡単レシピ - ジャンル:グルメ

12:42:23 | レシピ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
枝元なほみ先生の… 『コンビーフカツ』
2006 / 03 / 13 ( Mon )
コンビーフカツ

本屋さんで『ESSE』見たら、枝元なほみ先生のお弁当メニューの特集コーナーが載ってたんです。
一目惚れしました
簡単で、美味しそうで、お手頃で、チョッと変わってて、しかもお弁当にオススメときたら…。
それはまさしく、やすぴか向けのメニュー
…ってことで早速作ってみました。

といっても、コンビーフを適当な厚さにスライスしてフライ衣を付けて揚げるだけなんですけどね。
塩・胡椒などの味付けも不要です。

食べてみて、想像以上に美味しくてビックリ!!(^^)!
けっこうジューシーに仕上がります。
コンビーフって独特の白い脂肪が、クドく感じてしまうことがあるのですが、フライにすると溶け出すのか、あまり気にならなくなるみたいです。
でもパサパサになったりしないから不思議!
やすぴかは節約モードで、買い置きのニューコンビーフ(馬肉主体のなんちゃってコンビーフ)で作りましたがそれでも大満足。
ニューコンビーフなら、100円くらいで買える場合が多いので経済的。
もちろん「リビー」ブランドなど、本物の牛肉コンビーフを使ったらもっともっと美味しいことでしょう。

枝元なほみ先生のレシピには「コンビーフ→卵液→パン粉」と小麦粉省略タイプで書かれていましたが、
試しに「コンビーフ→小麦粉→卵液→パン粉」のノーマルタイプも揚げてみました。

どちらも味に大きいな違いは有りませんでした。
ただ、小麦粉省略タイプだと脂肪が溶け出し易い為か、やや油が疲労します。
一般的には小麦粉付きのノーマル衣の方がオススメです。
『ミンチカツ』同様基本的には揚げるだけ、こちらは味付けさえも不要なので超楽チンです。
忙しくってお料理に手間と時間をかけられない時や、緊縮財政でお金をかけられない時にピッタリの逸品ですね。



↑レシピランキングに参加しています。クリックお願いしま~す!!

テーマ:簡単レシピ - ジャンル:グルメ

08:56:16 | レシピ | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
『サーモンと春キャベツのクリームソースパスタ』
2006 / 03 / 12 ( Sun )
サーモンと春キャベツのクリームソース

春キャベツが出始めましたね。
瑞々しくて柔らかいく、そしてあまーい春キャベツ美味しいですよね。
そんな春キャベツとサーモンでパスタをつくってみました。
サーモンにはクリーム系というのはやすぴかの一つ覚え。
写真では解り辛いのですが、パスタは今回「ブカティーニ」を初体験。
「ブカティーニ」とは3mmくらいの中空パスタ。
マカロニのように空洞になっていて、ここにソースが入るのでたっぷりソース系・濃度のあるソース系に向いているんだそうです。
なので、コクのあるクリームソースをたっぷり使ったパスタを目指しました。
しかし、たっぷりソースとなるとあまりにコッテリでは最後まで食べきれないのでは?と思い、生クリームを使わないバージョンで、コクはあるけど比較的スンナリ食べれるクリームソースに挑戦。
牛乳と小麦粉でホワイトソースちっくに仕立てました。


[ 材料です! ] 一人当たりの分量の目安です。
お好みのパスタ …100g
ベーコン …50g
春キャベツ …葉っぱ2枚くらい(お好みで)
スモークサーモン …100g(スライス)スモークでなくてもOK。
バター又はオイル …大さじ1杯
白ワイン …大さじ2杯
コンソメ …15gくらい
塩・胡椒 …少量
小麦粉 …大さじ1.5杯
牛乳 …300㏄
粉チーズ …お好みで


[ COOKING! ] さぁ!作りましょ!!
パスタをお鍋に投入して茹ではじめましょう。

フライパンにバター又はオイルを入れてベーコンを炒めます。
こんがりカリッと火が通ったら、キャベツとサーモン、白ワインを加えてサッと炒めます。
小麦粉を、茶漉しを通して振り入れ、牛乳を一気に加えてよくかき混ぜます。
ひと煮立ちしたら粉チーズを入れてひと混ぜします。
やすぴかは粉チーズ大目が好きです。

茹で上がったパスタに和えて出来上がり。


フライパンの中で具を炒めながら、クリームソースを一気に作っちゃうので簡単です。
ベシャメルを別に作ると面倒ですし、市販のホワイトソースをわざわざ買ってこなくても、牛乳と小麦粉くらいはだいたいありますよね。
経済的且つ簡単なやすぴか料理です。
これでもクリームソースとして充分美味しいですよ~。

穴開きパスタの「ブカティーニ」にソースが良く絡んでとっても美味しくいただけました。



↑レシピランキングに参加しています。クリックお願いしま~す!!

テーマ:簡単レシピ - ジャンル:グルメ

16:39:46 | レシピ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
『チーズミンチカツ』
2006 / 03 / 11 ( Sat )
チーズミンチカツ

「メンチカツ」ではなく、「ミンチカツ」と呼ばれているようです。(^^ゞ

前に当blogで超節約メニューとして紹介した『挽き肉カツ』を、どんぐりさん『簡単ミンチかつ』として試食して下さったとのことで。
また食べたくなっちゃったんですよね~
冷蔵庫を見たら、賞味期限ギリギリの挽き肉が運良く(?)有るではあ~りませんか

豚挽き肉を発泡トレーのまま軽く押さえて、塩・胡椒~小麦粉を振りかけてひっくり返し、裏面も同じように塩・胡椒~小麦粉をまぶしてまた軽く押さえて形を整えます。
あとは卵液をくぐらせパン粉を付けて揚げるだけです。

…とここまでが『ミンチカツ』の基本手順。
前回と同じでは余りにも芸がなさ過ぎるので今回は、チーズを仕込んでみました。
ただそれだけなんですけどね
挽き肉を軽く押さえる時に中央部分を窪ませて、モッツァレラチーズを埋め込んでみました。
あと、画像からは解り辛いのですが、塩・胡椒+カレー粉で下味を付けています。

美味しいです~。
カレーとチーズってのもまぐれ当たりですがばっちりでした。
結構崩れずに揚げることが可能です。簡単簡単。
パサ付くこともなく意外とジューシーですし。
お肉を食べてるっていう満足感に浸れます。

何より、炒めも混ぜ混ぜもコネコネも必要なく、
洗い物も少ないので後片付けも超楽々なのが一番いいですよね。



↑レシピランキングに参加しています。クリックお願いしま~す!!

テーマ:簡単レシピ - ジャンル:グルメ

18:26:54 | レシピ | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
『なめこ&納豆のネバスパ』
2006 / 03 / 10 ( Fri )
なめこ&納豆のネバスパ

またしてもパスタでした。
韓国風に続いては和風といきたいところでして。
素材は、なめこ・納豆・サラダほうれん草・ベーコンです。
お味はバター醤油。
最近「なめこ」にハマってまして…。
写真からも伝わってくると思います、ツルネバしてる感じ。
その食感がたまらなく好きなんでよね。 変ですか?
前回は、パスタの基本形であるぺペロンちっくに仕立てたのですが、今回は更にネバネバパワーの納豆とコンビを組んでいただきました。


[ 材料です。 ] 一人分の目安
お好きなパスタ …100g
バター …大さじ1杯くらい
オリーブオイル …大さじ1杯くらい
なめこ …100g
納豆  …小1パック(付属のタレ・調味料を入れ混ぜておく)
サラダほうれん草 …1株(洗って水気を切っておく)
ベーコン …60gくらい
白ワイン …大さじ1杯くらい
お醤油 …大さじ2杯くらい
塩・胡椒 …少量且つ適量


[ COOKING! ]
パスタを適正な塩分濃度で(≒10%)茹でます。
途中で茹で汁を少し採っておきます。

フライパンにオリーブオイル(サラダオイルでも可)を入れて熱します。
ベーコンを入れて炒めます。
軽くこんがりして香りが出たら、なめこ・納豆を入れて炒めます。
続いてサラダほうれん草を加えて炒めますが、火が通り易く直ぐに「クタッ」っとしてしますのでなめこ&納豆を軽く炒めてから時間差攻撃で入れます。
白ワインを入れてアルコールをとばします。
炒めてみて、ツルネバ効果によって濃度が強く炒めづらい場合には、予め採っておいた茹で汁を少量ずつ、様子を見ながら加えて調節します。
その塩分をふまえ、塩・胡椒を少々。
最後にお醤油で仕上げるので、この段階では少し薄めに。

茹で上がったパスタ、続いてバターを投入して、サッと和えながら炒めます。
バターは焦げやすいのでこの段階で入れました。
最後にお醤油を加えて、軽く炒めて香ばしいかおりがしたら出来上がりです。


「なめこ」ってバター醤油炒めが見事にマッチするようです。
納豆との組み合わせもイケますよ。
パッケージに書いてあるだけのことはあります。
あと、興味を引くのはカレー・ピザ・お好み焼きに合うと書かれている事です。
やすぴかは、機会をおって順次試してレポートしていきたいと思っています。
「なめこ」安いしヘルシーだし、最高です




↑レシピランキングに参加しています。クリックお願いしま~す!!

テーマ:簡単レシピ - ジャンル:グルメ

20:15:47 | レシピ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
『豚キムチパスタ』
2006 / 03 / 09 ( Thu )
豚キムチスパ2

『豚キムチパスタ』です。
キムチ、美味しいですよね。
焼肉のお供にはもちろんですが、キムチがあるとごはんが美味しく食べられます。

よく、お家にある野菜やお肉と一緒に炒めて「豚キムチ」を作るのですが、それをパスタにアレンジしてみました。

[ 材料は… ]
パスタ…人数分
お好きな白菜キムチ(酸っぱくてもOK!)…適量
野菜(キャベツ・にんじん・ニラ・もやし などお好みで)…適量
豚肉(もしかすると牛や鶏でもいいかも?)…適量
ごま油(油はごま油が絶対美味しい)…適量
中華スープの素…適量
塩・胡椒…適量
お醤油…少々
温泉たまご…お好みで

作り方はいたって簡単。
フライパンにごま油を熱して、豚肉と野菜を炒めます。
野菜が少ししんなりして全体に油がまわったら白菜キムチを加えて更に炒めます。
中華スープの素・塩・胡椒で味を整え、隠し味的にお醤油も少々。

茹で上がったパスタを投入して、全体を混ぜ合わせつつ軽く炒めて、仕上げに少量のごま油を香りだしのためにもう一度加えて出来上がり。
お皿に盛ったら温泉たまごをトッピング。
温たまを潰して混ぜながら食べると最高ですよ。

キムチにはなぜかごま油が絶対に合います。
ごま油と温泉たまごがポイントですよ。
「豚キムチ」はあったかいごはんにのっけても最高です。
その時も温泉たまごをオススメします。




↑レシピランキングに参加しています。クリックお願いしま~す!!

テーマ:パスタ・ピッツア - ジャンル:グルメ

08:29:32 | COOKING | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
『パウンドマロンケーキ』
2006 / 03 / 08 ( Wed )

マロンパウンドケーキ

かわりばえのしない画像でスミマセン<(_ _)>。
またパウンド焼いちゃったんです。
食べたかったんです。
前回は粒あんを練りこんで『パウンド小倉ケーキ』 を作ったのですが、今回はまた違うバリエーションにちょうせんしてみました。
マロンペーストと剥き栗を使った栗クリバージョンです。
マロンペーストは、スーパーのジャムコーナーとかに並んでいる、輸入モノの瓶詰めを使いました。
やすぴかが今回使ったのは一瓶250円というお手ごろ価格のモノです。
これ見つけたからマロンケーキ作りたくなったってのもあるんですけどね。
あと、栗の粒々を加えたかったのでパックに入った剥き栗を使いました。
ホントは栗の甘露煮を使えば色も味も良くなると思うのですが、パックの剥き栗(甘栗)のほうが断然お手頃なので。
材料と手順は『パウンド小倉ケーキ』とほぼいっしょです。


[ 材料 ]*** 18㎝のパウンド型1本分です。
薄力粉 … 120g
ベーキングパウダー … 小さじ1
グラニュー糖 … 80g
バター … 100g
卵 … 2個
マロンペースト … 100g
剥き栗(甘栗) … 80gくらい ※割れてる安いもので充分です。

☆牛乳 … 大さじ1杯
☆砂糖 … 大さじ1杯


[ COOKING! ]
型にオーブンペーパーをしくか又は、薄くバター(分量外)を塗っておきます。
オーブンは頃合を見計らって、170℃に余熱します。
バターと卵は室温に戻しておきます。
薄力粉とベーキングパウダーは合わせてふるっておきます。

剥き栗を指で細かく潰しながら耐熱容器に入れ、☆の牛乳&砂糖を振り掛けてラップをかけ電子レンジで約1分チン!
軽くかき混ぜて冷ましておきます。

ボールにバターを入れて泡立て器(あればハンドミキサー)でよく混ぜます。
グラニュー糖を加え、空気を含ませるようにして、全体が白っぽくフンワリとするまで混ぜ混ぜ。
卵を溶きほぐして、少しずつ加えながら更に混ぜ混ぜ。
マロンペーストを加えて、更にムラなく混ぜ混ぜ。
そしてチンしておいた剥き栗も加えて、更に混ぜ混ぜ。
そこにふるった粉類を2回に分けて加え、ゴムベラ等でサックリと混ぜ合わせます。

生地を型に流し入れ、表面をスプーンの背中などで平にし、少し高いところから数回トントンと落として気泡を抜きます。
170℃のオーブンで45分くらい焼いて出来上がり!
前回と同じく、ポイントはバターをふんわりとよ~く混ぜ混ぜすること。
くどいようですが仕上がりに大きく差がでます。


(^_^;)写真だけ見ると『パウンド小倉ケーキ』と変わりませんねぇ。
でも今回の粒々は栗です(笑)。
なんだか『パウンド小倉ケーキ』よりもしっとりと仕上がりました。
気のせいかな?
たぶんマロンペーストが効いているのだと思います。何故かは分かりませんが…。

美味しかったですよ!
パウンドは比較的易しく、あまり失敗しないので好きです。
いろんなバリエーション作っちゃお
会社に持って行って、皆でおやつに食べました。
(試作品の実験台?? ごめんね!
概ね好評だったのでよかったです。
5分くらいで売り切れました。(^^♪




↑レシピランキングに参加しています。クリックお願いしま~す!!

テーマ:手作りお菓子 - ジャンル:グルメ

17:21:34 | SWEETS | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
『栃尾の油揚げ 納豆詰め』
2006 / 03 / 07 ( Tue )
20060307125306
地元新潟に栃尾(とちお)というところがありまして、そこの名物に「栃尾揚げ」なるものがあります。
その油揚げ、なにしろ大きいのです。
平均して長さ20㎝×幅8㎝×厚さ3㎝くらいあります。
厚揚げや生揚げ程ではありませんが、中身がしっかり詰まった肉厚タイプですね。
表面の皮の部分はふっくら柔らか、中はまるでお豆腐がそのまま入っているみたいな感じ。
全然スカスカなんてしていません。
表面積が大きくて、密度も高いので食べ応え充分なんです。
名物だけあって栃尾にはお豆腐屋さんや油揚げ屋さんがいっぱい在るんですよ。
そんな栃尾のジャンボ揚げの紹介です。

一番シンプルなのは、焼き網にのせて両面をコンガリと焼いて、熱々のところに、お醤油をジュッ!とかけてハフハフいいながら食べる食べ方。葱のみじん切りや卸し生姜が薬味にピッタリ。
ふんわりだった表面の皮の部分がぱりっとして、香ばしさがたまりません。
オーブントースターでもOKですよ。でも、直火で軽く焦げたくらいが美味しいと思います。

そしてこの大きさならではの食べ方は、中にいろいろな具を詰め込んで食べるというもの。
まずは、写真の納豆。
揚げに切れ目を入れて、お好みに味付けした納豆を詰め込んで焼くだけです。
やはり皮がパリッとして中が熱々ジューシーで美味しいです。
焼きたてを、お醤油・七味唐辛子・マヨネーズなどで食べます。
中の具はなんでもOKなんですが、お味噌やチーズなどが定番のようです。
やすぴかはミートソースや残りもののカレーを入れて焼くのも好き。
その場合、中身が出ないようにオーブントースターを使います。

焼く以外では、ラップをかけてレンジでチン。
すると今度はしっとりふっくらして、ジューシー度アップ。
ほとんど揚げ出し豆腐です。だし汁をかけて食べます。
あと、もちろん、甘辛く煮ておうどんやおそばにのせても美味しいですよ。



↑レシピランキングに参加しています。クリックお願いしま~す!!

テーマ:簡単レシピ - ジャンル:グルメ

12:54:13 | レシピ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
『なめこと水菜のペペロンチーノ』
2006 / 03 / 06 ( Mon )
なめこと水菜のペペロンチーノ

スーパーで「なめこ」がお買い得だったんですね。
そこで、「なめこ」を手にとってふとパッケージを見ると…
「お味噌汁にはもちろん、炒め物・カレー・スパゲティ・ピザにも!」と書いてあるではありませんか。
ある意味ショック!
だって今まで「なめこ」といえばまず味噌汁、そして大根おろしと和える、そのくらいしか知らなかったのですから。
まさか焼いたり炒めたりしても良いとは
「ガーン!! でも面白そうだから買ってって早速やってみよ」ってな感じで。
意外や意外、「なめこ」さん、かなりやってくれました。イケますよ。
今回はパスタの基本、ペペロンチーノに仕立ててみました。
例によって、これをペペロンチーノと呼んでも良いのかは定かではありませんが


[ 材料です ] 一人分
お好きなパスタ … 100g
オリーブオイル … 大さじ2杯くらい
にんにく … ひとかけ(スライスしておく)
なめこ … 100g
水菜 … ひとかぶ(洗って食べやすい大きさに切っておく)
お醤油 … 大さじ1杯くらい
赤唐辛子 … お好きなだけ(お好みにカット)
牛肉切り落とし … 60g程度かな(たまたまあったので)


[ COOKING! ]
パスタを適正な塩分濃度で(10%程度?)茹でます。
途中で茹で汁を少し採っておきます。
フライパンにオリーブオイルを入れ、にんにくと赤唐辛子を投入してから火を点けて加熱します。
にんにくがこんがり色付いて、香りが立ってきたらお肉を炒めます。
お肉が全体的に色付いたら、いよいよ「なめこ」さん投入です。
なんと「なめこ」さんは納豆とは違って、加熱しても「ネバネバ」がなくなりません!スゴイ!
「なめこ」さん強~い。(味噌汁でもそうだった
なので、「なめこ」さんを加えた後はその強い「ネバネバ」のおかげで炒め辛くなってしまいます。
そこで、濃度を弱めて炒め易くする為且つオリーブオイルを乳化させる為且つ味付けの為に、採っておいた茹で汁を加えます。
そこに茹で上がったパスタをザッと入れて、茹で汁を吸わせる様に混ぜて炒めます。
最後に水菜を入れ、お醤油を加えて軽く炒めます。軽くで結構。水菜は火が通りやすいので余熱でも充分しんなりしてきますので。
やすぴかは水菜を入れてから少しモジモジ炒めすぎてしまいました。
写真でご覧のとおりクタクタになって正体不明状態(ーー;)。
お醤油は隠し味的に使用。
「なめこ」さんと「水菜」さんなので、個人的にどこか和風にしとかないと気が済まなかったもので…


「ネバネバ」がいい感じなんですよ、ホント。
お肉は無くても全然
たまたま在庫があったので使ってみただけです。
どうせならベーコンのほうが絶対に美味しいと思います。
水菜もほうれん草やキャベツにリプレイス可能。
一度お試しくださいませ。

しばらく「なめこ」さんネタにはまりそうな感じです。










↑レシピランキングに参加しています。クリックお願いしま~す!!

テーマ:パスタ・ピッツア - ジャンル:グルメ

19:15:17 | レシピ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
『バースデーいちごデコケーキ』
2006 / 03 / 05 ( Sun )
20060305132647
やすぴかのblog始まって以来、3作目の生デコレーションケーキです。
大切な友人の娘さんが今日お誕生日なので、プレゼントに手作りケーキを贈りたくて。

昨夜、スポンジを焼いて冷まし、シロップを塗って中間にいちごを挟んで生クリームを下塗りした状態で冷蔵庫へ。
一晩おいて生クリームを落ち着かせて、今朝仕上げの上塗り&デコレーションを施しました。
新しいオーブンレンジにも大分慣れてきたので、スポンジもふっくら上手に焼けました。
いつも卵は共立てしています。
今回いちごは、「とちおとめ」の少しいいヤツを使いました。

作ってるうちに食べたくなってきちゃった。
(^^;;おっと我慢、ガマン。
18㎝ですが一人で半分くらいは一度に食べれそう(笑)。
ケーキ作りは好きなので、二日がかりでも楽しいのです。
ただね、生デコケーキはほとんどがプレゼント用としてやすぴかから離れていってしまうでしょ、なかなか自分で思う存分食べれないんですよね。味見もできないし…。
あげたひとが喜んで食べてくれれば、それだけでもう最高に嬉しいんですけどね。
誰かやすぴかにケーキ焼いてちょうだい!
( ^-^)⊃旦~



↑レシピランキングに参加しています。クリックお願いしま~す!!

テーマ:手作りお菓子 - ジャンル:グルメ

13:27:11 | SWEETS | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
『春のオレンジマリネ』
2006 / 03 / 04 ( Sat )
春のオレンジマリネ

中越大震災の中心的な被災地として、全国レベルで知名度があがった新潟県小千谷市(おぢやし)に「星野屋」さんという果物屋さんがあるのですが、そこの会員向け携帯メールで配信されたレシピを参考にして作りました。

3月になると『まりひめ』『はるみ』『きよみ』とかわいらしい名前のみかんが次々に登場してきますよね。
近所のスーパーでたまたま『はるみ』を見つけたので、早速オレンジマリネに挑戦してみました。
『はるみ』は、きよみオレンジとポンカンの交配で、デコポンとは生い立ちが同じ、兄弟品種らしいです。
表皮はやわらかく、簡単に手でむけ、実は甘くて食べやすく、果汁が比較的多いので、あっさりとした食感の新しいみかんです。

[ 材料 ]
お好きなオレンジ               適量
お好きなチーズ                適量
EXVオリーブオイル               適量
塩・胡椒                   適量
バルサミコ                  お好みで
飾付け用の青物                お好みで

オレンジとチーズを一口大にカットして、オリーブオイルで和えて塩・胡椒で味を整えます。
以上で出来上がり。
お好みの青物で飾り付けたお皿に盛って完成です。
バルサミコはお好みで。
ヤスピカはバジルもチョッと混ぜてみました。
オレンジの爽やかな甘さと酸味、それとほのかなほろ苦さが、意外にオリーブオイルに合っているのでビックリ!。
ホント春っぽい素敵なメニューですよ。
もちろん『はるみ』はそのまま食べても、とっても美味しいです。

ワインに良く合いそうなのでおつまみや前菜にピッタリだと思います。



↑レシピランキングに参加しています。クリックお願いしま~す!!

テーマ:簡単レシピ - ジャンル:グルメ

08:20:49 | レシピ | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
『えびハンバーグ』 …になっちゃった。
2006 / 03 / 03 ( Fri )
えびハンバーグ

ほんとうは大好きな『えびカツ』を作りたかったんです。(>_<)
でも、作ったことがなく、いつも他所で食べるばかり。
予備知識も無いくせに、「こんなものだろう」と見切り発車してしまいました。あまりの食べたさに…。
結果から申しますと、まとまらなかったんです。(*_*;

剥きえびにつなぎのはんぺんと全卵と片栗粉を加え、フードプロセッサー(マルチクイック)で「ガーッ」と混ぜたんです。
えびは3回に分けて投入して、最後はあまり刻まずに食感を残しました。
そこまでは良かったのですが、配合比率が悪かったのかユルユルでまとまらず。
片栗粉を追加したのですがあまりうまくいかなかったので、早々にあきらめました。
パン粉とか入れるんじゃぁチョッと違うし、片栗粉の大量投入も嫌だったので。

潔く目標を変更して焼いてみることにしました。
お好み焼きの生地のようにフライパンに流し込んで焼けば大丈夫かなと思って。
そしたらこれが美味しかったんです!
怪我の功名??(*^_^*)
ふんわりしていてほんのり甘くて。
ケッチャップが良く合いました。

そしてもう一品。
スープの中にスプーンで流し入れて、つくね団子チックにしてみました。
『えび団子汁』とでもいいましょうか。
えびだんご汁

中華スープにしようか迷ったんですが、昆布だしで和風に仕立ててみましたよ。トッピングに柚子です。
これまたふんわり柔らかで最高でした。
えび団子からもいい味がでてとっても素敵なお吸い物になりました。
つなぎのはんぺんがふんわり感とほのかな甘さ、そして旨味を加える役割を見事に果たしているって感じですね。

『えびカツ』には近日中にサイド挑戦しますよ。
大好きなので絶対に手作りして食べたいんです。



↑レシピランキングに参加しています。クリックお願いしま~す!!

テーマ:簡単レシピ - ジャンル:グルメ

08:23:24 | レシピ | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
Newお弁当箱です。
2006 / 03 / 02 ( Thu )
20060302160315
このところずっと、お弁当持参で会社へ行ってるんですよね。
節約のために外食ランチを控えようと思って。
お弁当ってホントにいいですよね、好きなものだけ持って行けるし、ちょうどいい分量に調節できるし、けっこうヘルシーモードです。
毎日持って行き始めたら、なんだかずっと同じお弁当箱なのがチョッピリつまんなくなっちゃったんです。
気分転換ですね。
それで買ってきたのが、このステンレス製の丸型容器です。インドやタイ、東南アジアなどでこういうスタイルのものがよく使われているようです。
やすぴかのもタイ製でした。
この容器の素敵なところは、シンプルでクールなデザインと、直火にかけられること。
やすぴかの会社は雪国新潟で、まだまだ寒いですから足元の暖房に反射式の石油ストーブも併用しているのですが、その上に5分~10分位のっけておくだけで、熱々のご飯が食べられるのです。
モチロン一般的なガスコンロにもかけられます。
しかも、上蓋固定用のハンドルをカチッと固定して、お鍋のようにも使えるんですよ。スゴイでしょ。
アウトドアでも活躍しそう。
器が変わったことによって、中身のメニューも変わりました。
丼モノっぽくしちゃうんです。
写真のは、メインの下段、ハンドル付きの容器が青椒肉絲のせご飯。
おかず容器のほうは、セロリと人参のカレーきんぴら・南瓜の煮付け・ヒジキボール(冷食)・新生姜の酢漬け、です。
上の段のおかず容器までホカホカに温まります。出来立てみたいで美味しいですよ。
いちばん底の部分は、ご飯が焦げ易いので、キャベツやレタスなどの生野菜を敷詰めています。
やすぴかのは1段で、内蓋のおかず皿がついてるタイプですが、他にも2段重ねや3段重ねもあります。
おかずがタップリ入る2段も欲しいなぁ。



↑レシピランキングに参加しています。クリックお願いしま~す!!

テーマ:お弁当 - ジャンル:グルメ

16:03:15 | ごはんレポート | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
『小えび(桜えび)のパスタ』
2006 / 03 / 01 ( Wed )
小えびのパスタ

干し海老を使ったパスタです。
食材の在庫整理をしていたら、いつぞやお好み焼きに使った桜えびや切りイカが中途半端に残っていました。
これをなんとか美味しく処分したいなぁと思い、ふと桜えびのパッケージを見ると「かき揚げやバター炒めに…」とのおすすめコメントが。
「これやってみよ」ってことで作ってみました。
[ 材料は… ] 二人分
パスタ                200g
桜えび                15gくらい たっぷりがオススメ!
ちくわ(たまたまあったので)     2本くらい
切りイカ               適量
バター                20gくらい
お醤油                大さじ2杯
お酒                 大さじ1杯
みりん                大さじ1杯
青海苔                お好みで

パスタを茹でておきます。
フライパンにバターを入れて熱して、桜えび・ちくわ・切りイカを炒めます。
こうばしい香りが立ってきて全体に油がまわったら、茹で上がったパスタを投入。
お醤油・お酒・みりんを入れて味を整え、軽く炒めます。
お皿に盛り付けて青海苔をパラリと振りかけて出来上がり。
無かったので今回は使いませんでしたが、キャベツなどの野菜をくわえればもっと美味しいかも。

小えびのこうばしい香りがお醤油味ととってもよく合います。
切りイカは大量に入れると、こんがらがって解れなかったりしそうなので注意してくださいね。
ホントにいい香りで食欲をそそられました。
お好み焼きの後で材料が残ったら是非やってみてください。





↑レシピランキングに参加しています。クリックお願いしま~す!!

テーマ:簡単レシピ - ジャンル:グルメ

08:23:32 | レシピ | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。